なぎくんが新潟に帰って来ました

両親からメッセージが届きましたのでご紹介します

いつも梛をはじめ、私たち家族を温かく見守っていただきありがとうございます。

帰国から約半年間の、思わぬ長期入院となりましたが、本日無事に帰郷することができました。梛にとっては、1年9ヶ月ぶりの帰宅になります。

帰国後の入院は、米国から日本の薬への切り替えや検査のための入院でしたが、薬の調整がなかなかつかず、副作用で白血球が低下したり腸管に影響が出るなどして、一時は食事が取れない時期もありましたが、今では元気いっぱいに動き回ることができ、スタッフの方から注意を受けるほどになりました。

今1番お伝えしたいのは、梛の心臓移植実現のためご支援、ご協力、そして応援してくださいました、皆様への感謝の気持ちです。1年9ヶ月前、梛が突然入院する事態となりました。梛が入院してからは、家の中がひっそりと静まりかえっており、風景がとても切なく感じました。『元気に皆で必ず家に帰ろう』そう願い続けたものの、私達の力だけではどうすることもできませんでした。皆様のご協力なくしては叶わなかった帰宅です。この感謝の気持ちは何と表現したらよいかわかりません。本当にありがとうございます。

この度の入院も、約半年と長いものでした。梛にとって、とても辛い時もありましたが、よく頑張ってくれました。これも、医師、看護師、チャイルドライフ、保育士など病棟スタッフの方々の献身的な対応のお陰で乗り越えることができたのだと思います。本当に素晴らしい方々に恵まれました。無事退院を実現してくださいました病院の皆様へ、心より感謝しております。

帰宅後は、食事や生活環境などが変わります。また、退院できましたが、未だ白血球は低い状態のままです。元の生活に慣れるように細心の注意を払っていきます。

帰宅後、梛は『追いかけっこしよう!』と絶えず笑顔で家中を走り回っていました。嬉しくてしょうがないようで、こちらがヘトヘトになってしまうほどです。

そして、何気ない日常生活が送れることの素晴らしさに感謝し、これからも尊い命を守り続けて行きます。

どうか、今後とも梛と私達家族を見守っていただければと思います。本当にありがとうございました。

 

神保 匡 晴美

0725

コメントは受け付けていません。