4月6日

両親からメッセージが届きましたので、ご紹介します。

いつも梛をはじめ、私たち家族を温かく見守っていただきありがとうございます。

大阪は暖かい日が続き、病院周辺でも桜が咲いています。昨年、渡米して間もない頃
に見たニューヨークの桜を思い出します。異国の地で心細い日々でしたが、桜はそん
な不安な気持ちを和らげ、癒してくれました。無事帰国でき、今年は日本で桜を見る
ことができました。皆様に繋いで頂いた命に、心より感謝しております。 

梛の様子ですが、食事を取るとお腹が痛くなってしまい、一時は何も食べられない時
期もありました。最近ではお腹の痛みもなく、だんだんと食べられるようになり、穏
やかに過ごしております。テレビから流れるお気に入りのCMソングに合わせて歌うこ
とがあり、「笑っていいとも」のテーマソングが流れた時は、突然立ち上がり踊り出
していました。しかし、免疫抑制剤がなかなか安定せず、薬の副作用で免疫力が下が
り過ぎてしまうなど油断はできません。

大阪大学病院には、コロンビア大学病院でもお世話になったチャイルドライフという
方がいます。梛の様に小さい子供でも治療を理解できるようにお話をしてくれたり、
また入院生活を楽しく送れるように一緒に遊んでくれます。梛は、チャイルドライフ
や保育士の方々と遊べる時間をとても楽しみにしています。

退院にはまだまだ時間がかかりそうです。入院生活を少しでも楽しく過ごせるように
という皆様のご配慮に感謝しながら、梛と一緒に治療を頑張っていきます。

photo0406

コメントは受け付けていません。